トップへ戻る
2020年11月14日 専行寺 永代納骨墓ご案内

日増しに寒さが身に染みるようになりましたが皆様方々お変わりなくお過ごしのことと思います。

昨今社会形態の変化に伴い身内で大切な人が亡くなり、では後の納骨をどうしたらいいのか?とご相談を受けることが年々多くなってきました。

専行寺におきましてはお困りの皆様のためにこのたび『永代納骨墓』を建立致しました。


13032489050516.jpgIMG_4842.jpg



先祖代々のお墓を持ちながらも後継ぎ問題によりご納骨できない方。

もともとお墓をお持ちでない方。

先祖墓終いにより新たなご納骨先をお考えの方。

特にこのようなご事情をお持ちの方の解決策として永代供養墓は適していると思われます。

現在恵那市を中心として中津川市、多治見市方面の方々からもすでにご依頼いただいております。

また当寺は永代納骨規則で宗派は不問としておりますのでお気軽にご相談下さい。



IMG_4846.jpgIMG_4844.jpg



お問い合わせはホームページにあるメールフォームやお電話にてお問い合わせください。



2020年11月06日 報恩講のお礼

IMG_4803.jpg

前日の一日降り続いた雨も上がり暖かな日となった11月3日

皆様のおかげをもちまして今年も報恩講を行うことができました。

ありがとうございました。

コロナの影響が続く中、例年通り同じようには難しいですが、

皆さんとお勤めできましたこと本当にうれしく思います。

今年はお勤め終了後、加藤拓三さんと息子さん3人による和太鼓の演奏をしていただきました。

7曲連続、230年から750年前までの曲を凝縮した楽曲を演奏してくださいました。

古いお寺が太鼓の力強い音に呼応するように振動して、コロナ下で自粛自粛と

活動にも制限があり、消極的になっていく気持ちに活力をいただきました。

拓三さんは感謝の音を響かせたいと演奏してくださったのですが、

互いに感謝し支え合う、温かな報恩講を過ごさせていただきました。

IMG_4817.jpg

(残念なことに演奏中の写真や動画を載せたかったのですがうまくいきませんでした。)001.jpg

横向きのリーフレットですがなぜか縦になって縮尺がおかしいですが・・・すみません

11月14日午後二時より中津川市の常磐座において

加藤拓三和太鼓コンサート20'が開催されること お知らせいたします。

2020年10月18日 報恩講のお知らせ

近年の季節は線を引いたように切り替わりますね。

ついこの間まで半袖を着ていたのに急にコートを着ている人を見かけるようになりました。

追いつかないのは体調ですが、タンスの中身もですね。


さて今年も報恩講の時期になりました。 

 11月3日(火)10時30分より

 専行寺にてお勤めさせていただきます。


  
浄土真宗における報恩講は、私たちに阿弥陀如来の本願によるお救いを明らかに示してくださった

親鸞聖人の遺徳を偲び、阿弥陀如来のおはたらきを深く味わっていく大切な法要です。


出来る限りお近くのかた伴っての多くのご参拝お待ちしております。

当日は暖かくしてお越しくださいませ。

ご門徒様には毎年行事毎に多大なるご尽力を頂戴し大変感謝しております。

今年も何卒宜しくお願いいたします。

2020年06月17日 盂蘭盆会法要のご案内

梅雨の時期に入り最近では例年以上に蒸し暑くなってきましたね。


門信徒の皆さんお元気で日々お過ごしのことと思います。


さて今年はコロナウイルスの影響で春のお彼岸法要を中止いたしましたが、まだ予断は許しませんが、7月のお盆法要は例年通り行わさせていただきます。


日時  令和2年7月18日 (土)  10時半より
場所  専行寺本坊  本堂にて     

盆会法要とは、お釈迦様のお弟子・目連尊者の故事に始まる行事です。

浄土真宗では亡き人を偲びつつ、お浄土への道を歩ませていただけるよう、報恩の思いの中に、家族ぐるみで法を聞くためにお勤めします。
 私達の盆は礼拝と聴聞を大切にし、皆でこの尊きご仏縁に感謝いたしましょう。
今年もお檀家さまにはお世話になります。何卒ご尽力のほど宜しくお願い申し上げます。

当日お寺にてお待ちしております。


尚、今後の状況において急遽取りやめにしなくてはならない事態も予想されます。その時には再度お知らせさせていただきます。





2020年05月21日 緊急事態宣言中のご挨拶

ここ数日初夏を思わせる暖かさになり確かな季節の移り変わりを実感するようになりました。

コロナの影響で自粛生活を余儀なくされるなか皆さんおいかがお過ごしでしょうか?

最近新聞記事には日本経済の落ち込みが徐々に酷くなってきたとよく目にするようになってきました。

特に観光や飲食業にイベント系の会社は落ち込みが酷いみたいですね

私の知り合いにも飲食業の経営者がいるのですが、コロナの影響でお客さんが全く来なくなりこれ以上営業していくのはかなり難しいと嘆いておりました。

実のところお寺も多分に漏れずその影響をかなりうけております

先月はじめから月忌参り、そして予定されてた法要はほぼキャンセルになりまして、、(´;ω;`)ウゥゥ

よく考えたらお寺行事なんて完全に三密なんですよね 笑

ただ医療関係者の命がけの奮闘、影響の切実な職業の方々の苦しさに比べたらこの程度の不便さに不満を言ってはいられませんね。

今は私たちにできることは、ただただ行動を自粛して過ごすしかないと考えております。

何卒皆様お身体だけは大切にご自愛くださいますようお念じ申し上げます。m(__)m